おすすめ副業!会社にバレない在宅ネットビジネスを始めよう!

スペインの作家 セルバンテス

『気に入った人物を見つけたら、「7net」で検索して、関連本を購入できます。』

あなたのお仲間を見れば、あなたのお人柄がわかります

●これはセルバンテスの代表作『ドン・キホーテ』の中の言葉で、見かけをどんなに飾ったところで、仲間を見ればすぐにばれてしま
うぞという皮肉な意味で使われている。一般的にも交友関係などその人が選んだ人間を見れば、その人柄なり程度なりがわかる。

 

●たとえば戦国時代、天下取りを競い合った織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三人を比べてみると、その仲間というか側近のタイプがまったく違うのに気づく。

 

●信長‥‥柴田勝家、羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、前田利家など
 秀吉‥‥加藤清正、福島正則、石田三成、浅野長政など
 家康‥‥本多正信、板倉勝重、崇伝、本多忠勝、井伊直政など

 

●信長・秀吉・家康の各ブレーンを見比べると、武力支配から政治支配へと時代が移行していくのがわかる。信長の武将も秀吉の武将も、二人のスケールをずっと小さくしたような人物で、頭よりは身体で支配力を伸張していくタイプの武将が集まっている。
●家康の「お仲間」はがらりと違う。めったなことでは自分の心の底を見せないような寝業師、名前より実を取る黒幕のような人物たちが多い。

 

●信長、秀吉、と比べると、家康のほうが扱いにくいタイプが多いが、天下取りのうえでは、また三百年の泰平の基を築くうえでは、このタイプのブレーンがいなければならない。

 

●もちろん、時代が彼らを必要としたわけだが、取り立てた主君の「人物眼」も大きく影響していることはいうまでもない。

 

●今日でも会社の社長なり、また部長なりでもよいが、その人の人柄を知ろうと思ったら、そのすぐ近くで使っている人がどんな人柄で、どういうふうに仕事をさせているかを見れば、よくわかる。直接本人と接してもわからないことが的確にわかったりすることも多い。 こうしたことは、一ビジネスマンにとっても同然であろう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ネット回線アラカルト パソコン選びABC クレジットカード 備えキャッシング 書籍等研究材料 名言集